2009年05月16日 (土) | Edit |
義父が脳梗塞で寝たきりになり、同居してからというもの、
毎日どのようにしてあげれば、義父が楽に生活をできるのか、
また介護する自分たちが、前向きに生活できるのかを考えています。

我が家だけでなく、もっと大変な思いをされている方も、
最近ではテレビでよく話題にあがります。
お年寄りの方が、ご自分の奥さんや旦那さんをやっとのことで介護
されている姿を見ると、ほんとうにいたたまれなくなります。
施設に短期間預けるにしても結構な金額がかかります。
介護する方が、病気になってしまってはどうしようもないのです。

若い方もいずれは年をとるわけで、今の社会福祉制度なんて、
とうてい期待できるような内容ではありません。
お金持ちの方々が決めていることですもん。
いくら「国民の声を・・・」なんて言ってますが、どうすれば伝わるのでしょうか。
自分にはさっぱりわかりません。
国会討論をみていると、自分たちの声の届かないところで、
身内だけの話し合いをしてるように思えてしまいます。

実際はそうではなく、ほんとうに国民の為を思って頑張っているんだと思います。

そういう思いが伝わるようになれば、自分達も他人をも思いやる気持ちが、
大きくなるのではないかと思います。

あ。。こういうことを書くつもりではなかったので、タイトルが・・・
途中から愚痴っぽくなってしまいました。お詫び申し上げます。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ   人気ブログランキングへ 
puchipuchi_banner

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

関連記事
テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
No Title
こんばんわ!

私の身近な人にも脳梗塞になった人が3人います。
2人は仕事ができるくらいに回復しましたが、
やはりキツイらしいです。(50代と70代)
1人は寝たきりではないと思いますが、介護生活かと・・・(70代)

最近読んだ本で、銀色夏生さんの
『ばらとおむつ』『珊瑚の島で千鳥足』というのが
介護をテーマにしたエッセイで
ちょっと変わってたけど大変そうでした。
それを読んで思ったことは、やはり家族の協力と
自治体などの援助かなと・・・

りゅきさんのご苦労がどれほどのものか、想像もつきませんが
どうか無理されませんように。
2009/05/17(Sun) 01:03 | URL  | misa  #sktWpA2Y[ 編集]
misaさんへ
> こんばんわ!

こんばんわ!

> 私の身近な人にも脳梗塞になった人が3人います。
> 2人は仕事ができるくらいに回復しましたが、
> やはりキツイらしいです。(50代と70代)
> 1人は寝たきりではないと思いますが、介護生活かと・・・(70代)

どんな病気でもいきなりくるのが最近特に怖いなぁと思います。
特に脳に関わる疾病は、ほんとうに恐ろしいと実感しました。
早めの対処であれば、苦労は大変ですが、普通の生活ができるように
なるみたいですが、それは本人の意思と周りの協力が必要ですね。

> 最近読んだ本で、銀色夏生さんの
> 『ばらとおむつ』『珊瑚の島で千鳥足』というのが
> 介護をテーマにしたエッセイで
> ちょっと変わってたけど大変そうでした。
> それを読んで思ったことは、やはり家族の協力と
> 自治体などの援助かなと・・・

その本は読んだことありませんが、なにかの宣伝で聞いたことはあります。
機会があったら一度読んでみたいと思います。
他にも介護についてのエッセイをラジオで聞いたのですが、
忘れてしまいました。思い出したらブログで紹介しよう思います。

> りゅきさんのご苦労がどれほどのものか、想像もつきませんが
> どうか無理されませんように。

僕はなんとか大丈夫ですが、今年79になる義母が、
さすがに疲れてきているのが気になってます。
義母がいなければ義父の介護ができないですから。
もし義母が倒れでもしたら・・と思うと先が思いやられます。
少しでも義母には休ませてあげたいのですが、
義父はそんなこと理解できないですから、
甘えてばかりでどうしようもない・・ことに対して、
憤りを感じてる毎日です。

misaさん、ご心配ありがとうございます。
ブログまた寄らせていただきますね!
結構癒されてますよ~^^ 感謝感謝です♪
また独り言、楽しみにしています^^
2009/05/17(Sun) 02:05 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック