2013年12月10日 (火) | Edit |
また、ずいぶんご無沙汰してしまいました(汗)
いろいろ書く出来事があったのですが、なかなか書けずに今日までズルズルきてしまいました。

前記事からの間、良いことも悪いこともありましたが、一番大きな出来事は義母が入院したことでしょう。

これまで在宅で面倒を看ていましたが、ここ数か月、食事を摂らせることが大変になってきました。
食事中に咳き込んだり、咽たりしてなかなか食が進まない。また、食べてる途中に寝てしまう。。
これまで何とか食べさせてきましたが、食事をさせるだけで疲れきってしまいました。この先、こういう状況だと看ている側も、看られている側にとってもよくないので、どうするかを悩んでいました。

そんな中、家内が以前勤めていた職場から声が掛かり、12月から1年間ですが働けることになり、義母をどうするかを真剣に考えなければならなくなり、ケアマネさんや担当医と相談して施設に預ける方向でセッティングしていく中、11月20日にデイサービスへ向かった義母の体調が悪化し(血圧低下、血中酸素低下)、自分の携帯に呼び出しの連絡が入り(家内はちょうど面接中)、仕事中でしたがやむを得ず早退。
到着したころには義母の体調が回復していて、そのまま自宅へ連れて帰りましたが、訪問看護の先生に一度担当医と相談した方がいいとのことで、次の日病院へ連れて行き、担当医と入院も視野に入れて相談。ちょうどベッドが空いてなかったことから、しばらく自宅で様子をみることに。
ただ、咳き込みと咽せが激しくなり、食事もほとんど摂れない状況で途方にくれている中、ベッドの空きがでて11月25日に入院させることができました。
(この間、大事な出張が重っていて、病院と出張先(茨城)を行き来し、大変でした)

入院当初は、やはりなかなか食事を摂ることができず、鼻からの栄養摂取や胃瘻まで考えましたが、自然に口から食事ができることを願い、担当医にその旨を伝え了承いただきました。
担当医も「それが一番です。ただ、口から食事ができるようになったとしても、年齢も年齢ですし(84歳)、
体力もだいぶ衰えているので、肺炎などで病状が急変することもあるので、それを覚悟のうえ、遠出はなるべく避けてください」と念を押されました。

今現在は、食事もほぼ完食しているようで、体力も少し回復し、元気になってきているようです。
(家内が毎日、仕事が終わってから病院へ向かい、夕食に付き合っています)

「元気になっているようです」・・と書いたのは、実は義母が入院して二日後、自分が高熱を出して4日間寝込んでしまい、今は熱はないのですが咳が酷く(もう一週間以上)て、病院の入院棟には入れないのです。面会に行きたいのですが、とにかく自分の容体を快復させないと・・
と思っているのですが、治る気配がありません。義母の次は自分・・家内には申し訳ないとつくづく思います。
ただ、病院は自分の職場と自宅の間なので、義母の夕食を終えた家内を、毎日拾って帰っています。
今はそれくらいしかできません。

この間の出来事を振り返ってみると、義母の在宅介護→食事への不安→家内が職場からお誘い→義母の入院→家内の再就職(→自分の体調不良)という様に、ある意味うまく事が進んでくれたなぁ~と感じました。



さて、
明日12月11日は、我々の結婚20周年の日です。今は心も懐にも余裕がなく、何もできません(泣)。
少し落ち着いたら、何か記念にできればと思っています。

長々とまとまらない文章で大変読みづらいと思いますので、内容は適当に読み流してください。

今年もあと20日。終わり良ければ全て良し。充実した日々を過ごしたいものです。
とにかく自分は体調快復を!!

皆様も風邪などで体調を崩されませんようにお気を付けください。


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


関連記事
テーマ:在宅介護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
りゅきさん こんにちは(^_^)
少し元気になられて良かったです。
読ませていただいて、いかに大変な時を過ごされていたかがわかりました。
りゅきさんも書かれていましたが、お義母様の入院など
考え方を変えれば、いい方向に向かっているのかもしれませんね。
我が家も2011.7初め~2012.3半ば(長女事故で骨折松葉杖生活で仕事をしながら職場まで夫とふたりで送り迎え)2012.1~2012.3末(施設の義母入院)2012.4~2012.9(義父入院)2012.11(義父四十九日)2012.12(実母入院)…
と その前も交代で入退院を繰り返し、同じ時期に次々と 大変でめちゃくちゃな日々を過ごしてきました。
義父が他界して 実母の入院も、いままでなら「また どうして次々と…どうしよう」と落ち込むところですが、考え方をかえてみることで こうなるようになっていたのかなと気持ちがすごく楽になって、それから事が順調に運びました。 入院がきっかけで素早く受け入れる準備が出来て 私も遠くで心配ばかりして苦しむことなく 親戚に負担をかけることもなく、みんな逆に楽になりました。
仕事が大変な中 病院通いも大変だと思いますが、忙しいから逆に なるようになるとわりきって 過ぎていくような気がします。 奥様がお仕事にでられるのもいいことですね。 私はパートでしたが、パートといえ自分の都合で休むことは仕事をなくすことになるので、夫が有給を使って病院へ行ったり やはりふたりで協力してやっていました。
いろいろ大変ですが、今を乗り越えてくださいね。
まずは りゅきさんが元気になってくださいね(^O^)
2013/12/11(Wed) 14:32 | URL  | えがお #-[ 編集]
えがおさんへ
こんばんわ(^^)

昨夜から咳も少し落ち着いてきたようです♪
久しぶりにぐっすり眠れました☆

大変なことって、結構重なるものなんでしょうね。
その時は、なにがなんだか分からなく、気を揉んでしまいますが、
後から考えると、ちゃんと時が解決してくれてるんだと思えるようになりました。

えがおさんも、お子様のことからお母様のことまで、立て続けに大変でしたね。
そのときのご様子が少しですが分かる気がします。
何気に自分を責めたりしてしまうこともありますよね。
それを乗り越えて、まだこの先も大きな気持ちで普通に過ごしていきたいものです。

えがおさんが体調を崩しては、お母様も大変だと思いますので、
どうかお風邪などひかれませんように、お気をつけくださいね♪

2013/12/11(Wed) 22:54 | URL  | りゅき #-[ 編集]
りゅきさん、こんにちは
すみません。
私、一番上のエントリーに気を取られていてこちらのエントリーに気付きませんでした。
お義母様の事、大変だったのですね。
今は少し落ち着かれたのでしょうか?
とにかく家にいらしても、病院にいらしても気掛かりである事には変わりないですね。

それから遅ればせながら、ご結婚記念日おめでとうございました。
20周年ですか…。
実は私は21年半になろうとしています。

20周年はお互いに特別な事をせずに過ごした事になりましたが、25周年の銀婚式は祝えたらいいですね。
ゆっくり過ごせる時間も必要ですので、お義母様には失礼とは存じますが、もう少しの間ご入院戴くのも良いかもしれません。
奥様もいろいろと大変でしょうし。

ご夫妻で本当に良く介護されています。
本当に感心しますよ。
りゅきさんは義理のご両親に本当に尽くされて来ていますから、今にきっと報われていい事がありますね。
私も報われると信じて毎日頑張っています。
2013/12/14(Sat) 12:48 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
minakoさんへ
こんばんわ

> すみません。
> 私、一番上のエントリーに気を取られていてこちらのエントリーに気付きませんでした。

いえいえ。読みづらく重い記事だったので、ワザと間を空けずに連続で記事を更新しましたので。

義母は入院してから、食事も摂れる様になり、咳き込むこともないので落ち着いています。
(自宅の空気が悪いのかなぁと思います)
入院した時は、もう自宅に帰られないかと思っていたのですが・・
体力がついてくれば、病院→施設→自宅というふうになればと思っています。

> それから遅ればせながら、ご結婚記念日おめでとうございました。

ありがとうございます。minakoさんの方が先輩ですよね。
お互い半分を在宅介護しているので、なんだかいつの間に?って感じですよね。
ゆっくりと過ごせる時間がもてるといいですね!
minakoさんも体調にくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね!
2013/12/14(Sat) 22:18 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック