2013年04月25日 (木) | Edit |
もう4月17日から1週間経ってしまいました。
ここのところ、出張三昧で日が経つのも早く感じられます。
4月の後半と言うのに、月曜日職場に向かう途中、雪がうっすら・・
暑いよりは良いけど。もうすぐGWだよ~ 寒いっ!

そんな前ふり書きながら、どう本題に繋げようかと・・(-"-;


・・・・。


と、いうわけで、
先週の4月17日は、THE ALFEEの春ツアー
「THE ALFEE Neo Universe 2013 Grateful Birth」の大宮公演に
参加してまいりました。
この日は、高見沢さんの59歳のお誕生日、バースデーライブということで、
平日ながらも大変に盛り上がりました。

今回は、義母をショートステイにあずけて、家内と2人での参加でした。
何故か家内と2人で参加すると、妙に緊張してしまう自分だったりしますが、
当日は会場の雰囲気に緊張もほぐれ、大いに楽しむ事がでしました。

そんなコンサートの感想を少し書き残しておきたいと思います。
以前ほど詳しくは書きませんが、それでも少々ネタバレ的なこともありますので、
これからツアーに参加される予定で、内容を見たくない方は、
[READ MORE...]をクリックしたり、
これより先はスクロールされないようにお願いいたします。






人気ブログランキングへ     にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ


この日の席は、1階の15列目。後ろは通路。
前も後ろも上も見渡せる、自分にとっては良席でした。
オープニングのSEが鳴り始めて、全員が立ってもステージがよく見えました。
サイドに伸びる花道も意外と近かったです。

オープニングから1曲目の流れは、会場の盛り上がりに溶け込むように、
スーッと言う感じで、比較的静かな発進っていう感じ。
2曲目は、生ではお初のナンバー。今年の元旦、目覚めてから頭をグルグルと
リフレインしていた曲(ブログでも紹介しましたが、動画が消されていました)。
そういう思い入れのある曲が演奏されると、嬉しさで舞い上がっちゃいますね。
(ちなみに、当日はお初の曲が24曲中で7曲もありました)

2曲目(たぶん)で、坂崎さんにアクシデント。
右手の薬指か小指を切ってしまったのか、なんなのか分かりませんが、
しきりに指を気にされていました。
演奏中も後ろに置いてあるタイルで拭ったり、駆け寄ったスタッフに処置して
もらったりしていました。
でも、流石はプロ。MCの時はその事には一言も触れませんでした。

そんなこともあってか、高見沢さんのバースデーライブでありながら、
この日は、心配しながら坂崎さんに目を向ける機会が多かったです。
4曲目では「ランララ・・」のところで、1度だけニコニコしながらも、
ちょっとテレながら両手を左右に振る姿が可愛かったです♪
それと坂崎さんパートのところで、桜井さんと高見沢さんが、
競い合うようにジャンプしたり変な格好したりしていて、
挟まれた坂崎さんは、笑いをこらえるのが大変そうでした(^^)

MCでは恒例の点呼。初アルコンの方もおられて、会場全体で拍手!
温かい雰囲気に包まれました。(やっぱり、いいですね~)
話の中で、坂崎さん曰く
「このツアーが始まってまだ数箇所ですが、
お友達やネットで演奏曲を予習されてこられる方もいると思います。
逆に、予習しないで楽しみに当日を迎えられる方もおられますが、
僕的には、予習してきていただけると、気持ち楽に演奏できます。へへ」と、
おっしゃられてました(自分は今回、後者でしたね~)。

2月20日に発売されたシングル。自分も購入しましたが、
この春ツアーで演奏されるだろうと思い、まだ封を開けてませんでした。
1曲は、昨年のイヴコンで演奏されたので知っていましたが、
もう1曲は、この日初めて聴きました。
スローな感じですが、優しく、力強く、勇気を与えてくれる素敵な曲ですね!
イヴコンに聴いた曲は、自分の予想では、本編最後かな?と・・◎でした。

アンコールの手拍子。坂崎さんがハーモニカを取り出し、場内大歓声!
アンコール1,2曲ともハーモニカ使用の曲。
2曲目は2006年の武道館公演で、その盛り上がりに感動した曲で、
この日も会場が一番一体になったナンバーだと思います。
拳を上げる一体感もいいですが、両手で大きく手拍子する一体感は感激でした。
こういうところで、ウルッときてしまう自分です。
「♪~何でも人のせいにして 都合よく生きてる~♪」のところで、
坂崎さんが、高見沢さんを指差していたのが面白かったです^^
高見沢さんは気が付いてませんでしたけど・・

出し物では、桜井さんと坂崎さんが、ウルトラマンにでてくる怪獣の被り物を
着て登場。桜井さんはエレキング。坂崎さんはバルタン星人。
キンちゃん、バルちゃんの営業コントに涙を流して大笑いしました。
コント途中で後ろのほうで、何やらモソモソ動く物体が2つ。
ドラムの吉田太郎さんとキーボードのただすけさんも怪獣の被り物を着てました。
そんな被り物を身につけてても、しっかりとラップ調の演奏をされていたのには、
感動を通り越して、大笑いさせていただきました(大変お疲れ様でした)。

そして、当日主役のあの人は・・
ウルトラマンの主題歌にのせて登場!・・真っ赤なドレスを着たシンデレラ王子♪
「また来ちゃった♪」(4月15日の坂崎さんのバースデーライブにも登場したらしい)
両手でスカートの裾をもって、挨拶する姿。色白の肌にとってもマッチしていて、
一瞬惚れてしまいました(笑)。高見沢さん本人も気に入っているご様子♪
いろいろと会話をされていましたが、面白さのあまり飛んでしまいました・・
シンデレラ王子「時間が、時間が・・」と言って袖脇に消えていき、
しばらくして、素の高見沢さんが出てこられ、
会場全員で「はっぴーばーすでー♪」の大合唱♪ケーキのろうそくを消して大拍手!
高見沢さんも本当に嬉しそうにお辞儀していました(その姿にウルウル)。

そう・・桜井さんと坂崎さんはまだ着ぐるみを着たまんま。
そんなお2人に高見沢さんからのリクエスト。S&Gの「Mrs.Robinson」。
ご両人とも「こんな格好でか?」「暑ぃよ~!」「ギター弾きづらいよ」とか、
文句を言ってましたが、何とか演奏、歌い終えました。
演奏中、大笑いしたり、時々嬉しそうに手拍子したり、
また、時々真剣な表情で2人の演奏を見ている高見沢さんが印象的でした。

演奏後、お2人が着ぐるみを脱ぐ間、
高見沢さん曰く「本当に嬉しいよね。何が嬉しいってさー、お願いしたら、
本当にあんな格好で歌ってくれるんだもん!」(笑)
「とてもいい誕生日になりました。本当にありがとう!!」(拍手)

着ぐるみを脱いで来たお2人。桜井さんのシャツは汗びっしょりでした。
その姿にまた3人で大笑いしてました。

ほっこりした雰囲気を残しつつ、本業(演奏)を再開(笑)
嬉しさを身体全体で表現するように、高見沢さんが歌いながら
端から端まで3往復くらい走ってジャンプ!ジャンプ!!
高見沢さんが光るギターを持って、定番の曲が終わり、5人並んで挨拶。

アンコールの大合唱、大拍手の中、メンバー3人だけで登場。
高見沢さんと坂崎さんが息を合わせるように、イントロを演奏。
再デビュー曲のB面。
やっと生で聴けたよ~!3人の美しいハーモニーに感動しました。

ラストナンバーは、高見沢さん曰く
「結成40周年のTHE ALFEEに相応しい曲を書き上げる事ができました」
という曲。
新曲なのかな?と思っていたのですが、昨年の高見沢さんのソロライブでも
ラストナンバーとして歌われていたようですね。
「いつも夢を叫んでる」「いつも歌っている」という歌詞とメロディが
印象的で、聴いていると今の高見沢さんの素直な気持ちが表現されている
素敵な曲だなぁ~と思いました。いつかCDに収録して欲しいです。

演奏が全て終わり、最後の曲のSEが流れる中を3人が深々と3方にお辞儀。
ステージ袖へ下がられる3人。最後、高見沢さんが1人残り、お辞儀をした後に
優しく両手で手を振ってくださいました。
その高見沢さんの表情は、いつになく素朴な印象を受けました。

~おわり~

今年の春ツアーは、この大宮だけのつもりでしたが、
この日のコンサートを見て、もう一ヶ所どこか参加したいと思ってしまいました。
近場ではNHK公演はチケット完売だし、あとは平日公演。
う~ん、悩むところです。。

そう!この日、何気なくステージを見ていて思ったこと。
ドットイメージと言う照明。一体何本あるのだろう??
コンサート中、ふと思ってしまい、一生懸命数えました(何やってんだか)。
演奏中は、あっち行ったり、こっち行ったり、消えたり、点いたり、
途中でわからなくなりましたが、本編終了後ピラミッド状に形成されたままの
照明を数えました。当日から、たった今まで150本!と思っていたのですが、
これを書きながら考えてみると、ちょっと違う気がしてきました。
・・・300本?あれ??
次、また参加できたら、数えなおしてみようと思います。。すみません。



関連記事
テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
りゅきさん、こんにちは
良かった、奥様もご一緒だったんですね(^-^)
奥様はお家でお留守番されているのかしら?と思っていたので、本当に良かったです。
ライヴに参加されるお元気があると言う事ですね。
お目に掛かった事はありませんが、何だか安心しました。

本当に出し物が面白いでしょう?
私も過去2回のバースデーでは爆笑して帰りましたもの。
興奮覚めやらず眠れなかった事を思い出します。
友人達との良い思い出でもあります。

>真っ赤なドレスを着たシンデレラ王子♪

>再デビュー曲のB面
見たかったし、聴きたかったです。
特に再デビュー曲のB面は私も生で聴いた事がありません。
いろいろなヴァージョンがありますが、生ギター2本で演奏する形(85年のビデオのオープニングみたいな)が一番好きです。

ご出張も大変だったと思いますが、このライヴで力を貰って乗り切れたご様子で良かったです♪
2013/04/26(Fri) 12:52 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
こんばんわ~

待ってましたよ!ネタバレ(笑)
1週間経ってもこの記憶力・・・すごい!!\(◎o◎)/!
私は1週間も経つとライブに行ったこと自体を思い出すのに必死です(^_^;)

しかし、あれですね・・・
もっとハッキリばらして下さらないと頭がモヤモヤします(笑)
先日のクラシックコンサートでは開場のときに
当日演奏される曲が書かれたプログラムを貰ったんです。
これいいなぁ~と思ったので、アルコンでも採用して欲しいです。
知りたくない人は終わるまで見なければいいんですし。
それか、帰りに配るというのもいいかも。
アルフィーにお手紙書いてみようかな~と思ってます(^^ゞ
りゅきさんはどう思いますか?

あ、そんなことよりも
今回は奥さまも参加されたんですね!
りゅきさんが緊張される気持ちがわかります。
私の場合は、一緒に行った人が楽しんでくれるか気になって・・・
あと、自分のはじけっぷりを見られるのが恥ずかしい・・・
ま、いろいろあって今は一人で参加ですが(^^ゞ

お次のライブはどちらになさいますか?
よろしければ九州にもいらしてくださいね!(*^_^*)

2013/04/26(Fri) 21:49 | URL  | misa #iMOXlmTQ[ 編集]
minakoさんへ
こんばんわ!

義父が亡くなって、間もない頃にチケットの申し込みをしたので。
家内もバースデーライブを楽しみにしていて、
思ったとおり、面白くて元気が出たそうです^^
いつか一緒にライブ参加できるといいですね~

出し物は面白くてファンを裏切らないですね~
面白いのも良かったですが、3人が休まずライブを続けてくれてることの
ありがたさに改めて感謝したコンサートでした♪


> >再デビュー曲のB面
> いろいろなヴァージョンがありますが、生ギター2本で演奏する形(85年のビデオのオープニングみたいな)が一番好きです。

minakoさんの一番好きなヴァージョンでしたよ~
生ギターの音色と、ハーモニーがとても綺麗でした♪
minakoさんにも聴いて欲しかったです。
また、いつか。。
2013/04/27(Sat) 22:44 | URL  | りゅき #-[ 編集]
misaさんへ
こんばんわ~

ネタバレほどでもない、ただの感想ですけど^^;
特に印象に残ってるとこだけですが、良かったでしょうか?

> もっとハッキリばらして下さらないと頭がモヤモヤします(笑)

あはは^^ すみません。
だいぶ記憶があやしくなってますので~
でも、一番最初にアップしたときから、少しずつ思い出したことを、
付け足してるんですよ~ (知ってました?)

> 先日のクラシックコンサートでは開場のときに
> 当日演奏される曲が書かれたプログラムを貰ったんです。
> これいいなぁ~と思ったので、アルコンでも採用して欲しいです。
> りゅきさんはどう思いますか?

う~ん。僕は現状でいいかなぁ。。
たぶん、アルフィーの場合、当日に曲が決まったりすることもあると思うので。
決まったことをやるのではなく、その日の気分で・・みたいな雰囲気が好きです^^
セットリストは、その日の夜にはアップしてくれるサイトもありますので、
そのリストを見て、思い出しながら、今まで感想を書いています^^

> 今回は奥さまも参加されたんですね!
> りゅきさんが緊張される気持ちがわかります。
> 私の場合は、一緒に行った人が楽しんでくれるか気になって・・・
> あと、自分のはじけっぷりを見られるのが恥ずかしい・・・


そうなんですよね~
もう一人誰かいれば、ぜんぜん気にしないんですけど、
家内と二人きりだと、気を遣ってしまいます。
いつかmisaさんのはじけっぷりを見てレポ書きたいです(笑)

> お次のライブはどちらになさいますか?
> よろしければ九州にもいらしてくださいね!(*^_^*)

九州にも行きたいです。出張でもないかなぁ~
いつかご一緒できますように♪
2013/04/27(Sat) 22:58 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック