2013年01月07日 (月) | Edit |
昨夜、ネットでニュースを見ていて、一つの記事に釘付けになりました。

ザ・タイガース 44年ぶり復活!

1月6日の沢田研二さんのコンサートで発表されたとのこと。

内容は、オリジナルメンバーで12月3日の日本武道館から
12月27日の東京ドーム公演まで全8公演(7都市)で
「THE TIGERS」と銘打ったツアーを行うというもの。

小学3年生の頃「憎みきれないろくでなし」で沢田さんに憧れて、
そのあと小学校を卒業する頃まで、沢田さんの楽曲一筋でいました。
(結構、音楽に関しては一人(つ)のアーティストにのめり込むようです)

その間、日劇のイベントでメンバーが結集したり、
同窓会としてメンバーが結集し「色つきの女でいてくれよ」をリリースされ、
沢田さんから、ザ・タイガースに遡ってレコードとかテープを買い集めました。

その後、中学校に入ってから、
いつの間にかYMO→THE ALFEEと気持ちは流れていったのですが、
社会人になって、カラオケとかに行くと沢田さんの歌やザ・タイガースの歌ばかり
唄って「お前!歳いくつだよ!」ってよく年配の方にからかわれました。
(だって、他の歌をあまり知らなかったんだもん・・)

で、2年くらい前から、アルフィーのコンサートで桜井さんが「勝手にしやがれ」を
熱唱する姿を何度か見て、自分の音楽のルーツを思い出しました。

また、先日(といっても昨年)、11月26日の高田文夫さんのラジオ番組に
沢田さんがゲスト出演した時の放送を聴いて大爆笑。
(たまたま茨城に出張で行く車の中で拝聴)
懐かしさもあって、いつかコンサート行ってみたいな~って思い始めました。

そんな気持ちのあった中での今回のニュース! どぉ~しましょう!!!
子供の頃に憧れていた人を生で見られるチャンスかも?・・ど~しよぉ~~!

今、いろいろな気持ちが複雑に絡みあって惑わされているところなのです。
その迷いが吹っ切れたら、こっそりとコンサートに参加してみようかな^^

「花の首飾り」や「銀河のロマンス」などの初期のナンバーも好きですが、
1981~1983年の同窓会でリリースした「十年ロマンス」と、
そのB面「生きてることは素敵さ」が好きだったのでご紹介。
「十年ロマンス」は「色つきの女でいてくれよ」と同時に歌番組で、
よく唄われていたので、ご存知の方は多いはず。
「生きてることは素敵さ」は、幼いながらにメロディーと間奏のギターが
とても気に入って、何度も何度もレコードをひっくり返して聴きました。
(歌詞も結構覚えていました・・驚)



十年ロマンス



生きていることは素敵さ



懐かしいですね~



人気ブログランキングへ     にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ




関連記事
テーマ:グループ・サウンズ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ^^
沢田研二さんは、一応知ってるんですけど
その頃のことは、母親からちらっと、聞いたことが
ある程度ですね^^;

でも、りゅきさんの楽しみになるなら
コンサート行かれるのもいいんじゃないでしょうか?^^
きっと、アルフィーとは、また違ってリフレッシュ
できると思いますけどね^^b
楽しみを沢山持ってるのは良い事だと思いました^^*/
2013/01/10(Thu) 19:35 | URL  | たえ #fddzkx5k[ 編集]
たえさんへ
こんばんわ^^

たえさんのお母様は、沢田研二さんのこと、
興味があったんでしょうかね~^^

アルフィー以外のコンサート・・あぁーーっ
どうなんでしょう・・いろいろな想いが交錯しています^^;
年末は何かとアレですし・・う~~ん。。
宝くじでも当たらないかなぁ。。

> 楽しみを沢山持ってるのは良い事だと思いました^^*/

趣味は少ないですけど、楽しみは沢山あるかも!

ってか!
たえさん、スキーの写真かっこいいです!
あんなふうに滑れると楽しいでしょうね~~羨ましい^^
2013/01/10(Thu) 22:21 | URL  | りゅき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/13(Sun) 23:11 |   |  #[ 編集]
鍵コメさまへ
ザ・タイガースがそちらの方でもコンサートやってくれるといいですね。
沢田さんは自分の青春でもあるので、たまにチェックしてるんですよ♪
もう少しスマートになってくれるといいですよね~^^;
2013/01/26(Sat) 22:38 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック