2011年12月05日 (月) | Edit |
THE ALFEE Neo Universe 2011 ALWAYS 
仙台サンプラザホール公演(11月25日)に参加した感想を、
セットリストと共に記しておきたいと思います。

いつものことですが、自分の記憶に頼っていますので、
実際のメンバーの言動とニュアンスに違いが多かれ少なかれありますが、
その場の雰囲気ということで、ご了承ください。
(完璧に間違っていることがあればご指摘いただければと思います)

なお、今回はセットリストのネタバレも含みますので、
この先のツアーに参加される方で、楽しみにされていらっしゃる方は、
どうぞご注意ください。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログへ 音楽広場


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




それでは

↓↓↓↓


開演10分くらい前に場内へ入り自分の座席へ。
3階最前列の桜井さん側。
ステージと1階の客席を座ってても見渡せる席で、自分にとっては最高の席。
会場全体の座席配置が、とても見やすくできている素晴らしい会場です。

開演前から、アルフィーコールと手拍子。
ただ、熱い思いと逸る気持ちは分かるのですが、注意事項を館内放送している時は、
中断した方が良かったのでは?と思いました。確かZepp Sendaiの時は中断したと思います。


「まもなく開演です」のアナウンスで、手拍子と歓声が大きくなり、
場内の照明がゆーっくり落ちていきました。

オープニングSEのリズムに合わせて、照明と手拍子が一体化したところで、
カーテンが開き、メンバー登場!三者三様のいつものリアクションです。
客席の方の歓声はものすごかったです。3人の名前をそれぞれ呼ぶ人や、目頭を押さえる人・・その時点で、自分も感無量って感じでした。

1.WILD BAHN!
ノリの良い曲で自分も大好きな曲。曲中の「WILD BAHN!」の歌詞の時の一体感!
上から見ていて照明が会場の手拍子の様子を映し出してとても綺麗でした。1曲目から感動!
(自分はこの時点では席に座っていました。前の手すりが低いので、落ちやしないかと少し不安でした)

2.夢よ急げ
イントロではもう少し手拍子の早い曲で、小さくジャンプしながらこちらもノリノリです。
拳を上げるところもみんな揃ってて素晴らしい!
(しばらく自分はステージを見てるよりも、客席を見渡してる方が多かったかも?)

3.AFFECTION
イントロのリズムに合わせて拳をあげてる姿が、辛かったことを突き破る感じに見えました。

MC 坂崎さん
(リズムにのせて)
 さぁ~1年ぶりの仙台サンプラザぁ~!東北の武道館というような雰囲気ですけども、1階、2階、3階盛り上がって、いろいろなことを今日は忘れて、最後までよろしく!(いつもは「嫌なことは忘れて」と言われますが、配慮されたんでしょうね)

4.サファイアの瞳
「真夜中のSendai City Lights」(一斉に歓声!)
サビのところのドラムとベースの「ズンズン・・」というリズムが心地よく、いつも耳に手を当てて聴いてしまいます。
間奏で高見沢さんと桜井さんがステージの前まで歩んできて演奏!自分は桜井さんを上から見るような感じ。
平然とした表情で、ベースの弦を叩く姿が恰好良かったです。間奏が終わる頃、フッと息を抜いた表情をして、
マイクに戻るところも恰好良かったです♪

5.Let It Go
最新シングル曲。イントロの坂崎さんのアコースティックサウンドに被せるような高見沢さんのエレキサウンド。
さりげなく演奏されてますが、難しいフレーズですよね。
神戸では、途中坂崎さんがボリュームペダルを踏み忘れ、音が出ないハプニングがありましたが、今回は大丈夫でした。
(でも、後で坂崎さん絡みのハプニングがありました)

6.SWEAT & TEARS
もうアンコールのような雰囲気で、会場全体が拳の波です。
高見沢さんが、ステージ前方に出て、右から左、左から右へと会場を煽りました。
ライブでもう何度も聴いている曲ですが、この日、歌詞の中の「魂をかけて」というフレーズが、特に印象に残りました。

MC 3人
 「こんばんは~!いやいや、お待たせしました!1年ぶりの仙台サンプラザでございます」
 (客席からは「ありがとう」の声があちらこちらから。
 「秋ツアーも後半に差し掛かってまいりましたが、ツアー初日の人!」
  (ほとんどの方が手を挙げておられました)
 「あ、どうもどうも、お待たせいたしました、地元の方ですが?」みたいな・・
 「今日がアルフィー初めての人!」(数名の方が手を挙げられ、全体から拍手が)
 「初めての人は、分からないことだらけかと思います。分からなくてもいいんです。自分もまだ分からないんですから(笑)少しずつ慣れていただいて、今日もいろいろと演目を用意してございます(笑)どうか最後まで楽しんでいってください」
 「ここのコーナーは高見沢の着替えの時間でして(笑)。まぁまぁ、皆さんもゆっくり座っていただいて」
 「このツアーでここでは「秋」をテーマに話を進めていく予定だったのですが、初日の八王子でいきなりテーマを壊したやつがいまして。そのロクでもない奴をご紹介します」
 「ロクでもない奴ですが、盛大な拍手でお迎えください。さくらいさーん!」

(背筋をビシッと伸ばして、桜井さん登場)
(ステージ中央で深々とお辞儀)「どうもこんばんは!」
 「もう秋というテーマはやめにして、さて桜井さん、あなたにとっての11月とは?」
 「はい?季節から月ですか!!えっ??ずいぶんまた狭まりましたねぇ」
 「あなたのせいですよ!で?」
 「11月はやっぱり寒くなりますんで、(お猪口でお酒をクイッと飲む格好で)これですよ」
 「で、おつまみには?また営業いきますか?焼きドーナッちゃんですか?」
 「いや、今は揚げせんですよ!カロリー控えめでたくさん食べても大丈夫!」
(この辺のやりとりは面白すぎて記憶が飛んでますが、桜井さんが「♪ドーナツ食べて!揚げせん食べて!ドーナツ食べて!揚げせん食べて♪」と大きなリアクションで踊ってる姿に大爆笑!坂崎さんからアンコールもあって2回やりました^^)
 「今日は調子いいねぇ~!今日電池は直列?」
 「直列!しかも200ワット。トイレで落ち着かなくて(ステージを駆け足で行ったりきたり)。最近のアイボは走るんだよなっ!(アイボの駆け足の真似)」
 「どこに電池が入ってんだよ」
 「(後に手をやって)ここ」
 「バカッ!バカッ!そんなところから・・バカさく!アホさく!ほんとにロクでもない奴(イエローカード出して)」
 「お尻じゃないよ、背中の扉を開けるんだよ!」
 「あなたは、ほんとうに営業向きだよね!あぁ~あ。。」
(会場も笑い疲れたような雰囲気)
 「それじゃ、営業に全く関係のないこの方をお呼びいたしましょう。盛大な拍手をもってお迎えください。たかみざわさーん」
(金と黒のスラーッとした衣装に、髪はシュシュで後に束ねて登場、会場に両腕を上げてアピール)
 「ね、あの人(桜井さんを指差して)、今日200ワットなんだってさ!」
 「お前、今日大丈夫か?ほんとにもう・・」
 「さて、高見沢さん。タカミーの11月とは?」
 「(ちょっとシブイ声で)僕にとっての11月とは・・」(会場から「フゥゥ~~~~」)
 「ね、ちょっと待って!今のいいね~(はしゃぎながら)みんなからノせられてる感じで気持ちいい♪」(ほんとうに嬉しそうでした)
 「もう一回やって!ねっ! じゃ、最初から・・」
 「(ちょっと冷めた口調で、高見沢さんに向かって)はい、11月とは?」(会場:爆笑、高見沢さん:コケそうでした)
 「僕にとっての11月とは・・(すみません、ここ記憶飛んでます)
 「(坂崎さんに向かって)ジョセフィーヌ!」
 「え!俺、ジョセフィーヌ?」
 「そう君はジョセフィーヌ。ジョセフィーヌはこの後どこに行くんだい?」
 「え、、この後・・東京に帰るけど」(笑)
 「帰るなよ!ねぇ、君は何を食べたいんだい?」
 「え?えっと・・お好み焼きかな(汗)今思い浮かんだの。ね、それより、ここアドリブ?」(爆笑)
 「僕、アドリブ苦手なんだぁ~(苦笑)」(坂崎さんの仕草が可愛かった。高見沢さんも笑い転げてました)
(会場も、歌のコンサートに来てることを忘れてるくらいの雰囲気で涙しながら笑ってました)
 「(桜井さんに向かって)ソフィア!君はソフィア。霧のソフィア~」(ほとんど演劇)
 「俺、ソフィアかい?苗字は霧野?なんか日本風なのね(ちょっとオネエ口調で)」
(なんか、桜井さんがまた踊っていたような・・・)
 「(笑いを押し殺して、桜井さんに)お前は本当にキレがないよな・・桜井って苗字のやつでキレる奴いねぇよな」
 「いないね。同級生に同姓同名の奴がいて、クリーニング屋だったけど(笑)あいつもキレない奴だった」
 「お前らー!日本中の「桜井」を敵に回したな!コラッ!」
 「あっ!一人キレる櫻井を知ってる!嵐の櫻井君。あの子はキレるよ。司会とか上手いもんな!」(会場:拍手)
 「嵐の櫻井くんはいいよねぇ~。こっちの桜井は全然駄目だけどな」
 「そだな(笑)こっちの桜井は、キャスターが似合ってる。転がすやつね」(大爆笑)
 「あぁーキャスターね。この前、菊を運んだよね。真っ白い綺麗な菊。(会場に向かって)知ってる?」
(会場の反応が少なかったので、桜井さん不安になる)
 「あれ?」
 「あーっ!放送は今日じゃない?だよね?今夜10時からだよ・・嵐にしやがれ」
 「そっかぁ・・」
 「ライブが終わって、家に帰ったらちょうどいい時間帯?」
 「面白かったよね~放送気になるね」
 「なっ!どこがカットされるかも楽しみだな。4倍は収録したもん」
 「是非そちらも楽しみにしてください」
 「ま、俺と高見沢のルーツは、あのビートルズなんですけど。あっ、急に音楽の話に戻りますね(笑)」
 「俺と高見沢の2人はよくビートルズのコピーをしたり、2人はレコードをよく聴いたり、2人は・・」
 「ちょっと、待ちなさい!おチビちゃん。私だったビートルズはルーツですよ。小さい頃から聴いてましたから」
 「へぇ~秩父でも?(笑)ビートルズあったんだ」
 「あのね、私だってビートルズのコピーしましたよ~」
 「じゃあ、1フレーズやってみましょうか?(会場:拍手)じゃあ、高見沢から」
 「いいですよ~ じゃあねぇー 『ジャン~♪』」
 「おぉ~『A Hard Day's Night』だ!」(会場:拍手)
 「じゃあ、桜井!」
 「フッ!(ベースで)『ボ~~ン』」
高・坂 「何それ?」
 「『ボ~~ン』イエスタデ~~ 『ボ~~ン』イエスタデ~~♪イエスタデ~~♪『ボ~~ン』」
 「その先は?」
 「(泣きながら)分からない・・」(会場大爆笑)
 「なんだよ!しかもっ、最後の音が合っちゃってんじゃん!バカさく!!」
 「あぁぁぁん(泣)合っちゃったぁぁぁ」
 「(観客に向かって、桜井さんを指差して)こいつ、この前2DAYS(福岡)の時、高見沢が違う曲を弾いたら、慌てちゃって何も弾けたなかったんだよ(笑)」
 「うるさいなぁ!!」
 「まっ、我々の3分の2のルーツということで(桜井さん:イジける)、そんなことを想いながら、この曲を」

7.リバプールから遠く離れて
(坂崎さんの優しいアコースティックのイントロから)
客席はみんな座っているので、リズムに合わせながら上半身を揺らして聴き入ってました。
(さっきまで、お笑いをやっていたのが嘘のような演奏)

8.もう一度君に逢いたい
ただすけさんのキーボードの音色がとても綺麗なイントロの曲ですね。ただすけさんの指に注目してしまいました。
サビの部分の高見沢さんがギターを弾きながら、小刻みに体を上下させて歌う姿がカッコイイ!!

9.Another Way
(神戸公演では「ひとりぼっちのPretender」でした)
この曲で、ハプニング。坂崎さんが2番の出だしが飛んでしまいました。
マイクに向かってはいるものの、高見沢さんの方?ステージ脇のスタッフの方を見ながら照れ笑い。
ステージ脇のスタッフは慌ててバタバタ・・「え?俺のミス?」みたいな感じでした(笑)
♪何かを~探し~続けて♪ からは大丈夫でしたが、スタッフはしばらく計器類のチェックをやってました。

10.恋人達のペイヴメント
(神戸公演では「雨の肖像」でした)
今日の恋人達の~は、いつもより心に沁みました。高見沢さんの声もよく伸びていました。

-------------------------------------------------------------

ここで、とりあえず中断。(ここまで長くするつもりはなかったのですけど・・)
色やフォント、改行で読みづらく申し訳ありません。後々、改善してまいります。

この先はもう少しスマートにレポできればと思いますが・・・
続きを読まれる気合のある方は、また今週末くらいに覗いてみてください。


それでは。。
関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
りゅくさんおはようございます
お陰様で朝から元気が出ました!
MCとか良く覚えておられますね。
ありがとうございました。
続きも期待していますが、ご無理はなさいませんように……。
2011/12/05(Mon) 09:03 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
minakoさんへ
こんばんは☆

元気が出るような立派なレポじゃないですけど、
ありがとうございます♪

> MCとか良く覚えておられますね。

いやぁ・・正確には覚えてなくて、アドリブも入ってます(汗)
現に、このレポ、一度PCがフリーズして消えてしまったんです。
なので、1度目と2度目の表現が違ってます・・
打ってたのが消えた時は、もう辞めようかと思いましたが・・

> 続きも期待していますが、ご無理はなさいませんように……。

はい!ありがとうございます^^
2011/12/05(Mon) 20:44 | URL  | りゅき #-[ 編集]
りゅきさん、こんばんは
お名前を間違えて打ってしまいました。
申し訳ありません……。
お休みなさいませ。(眠)
2011/12/06(Tue) 01:40 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
minakoさんへ
こんばんは☆

> お名前を間違えて打ってしまいました。
> 申し訳ありません……。

全然、お気になさらずに~^^
2011/12/08(Thu) 00:22 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可