2011年06月16日 (木) | Edit |
前の記事で、大まかな感想を書かせていただきましたが、
コンサートの内容について、ほとんど触れてませんでしたね。

自分が覚えているうちに、軽く(?)レポートとして残したいと思います。
まだ、春ツアーは続いていて、「これから!」という方は、
楽しみにされておられることと思いますので、曲目は書きませんが、
レポート内容によっては、ネタバレしてしまうので、
追記の部分は読まないようにお気をつけくださいませ。
(春ツアーも終わったので、曲目を追加しました)


今回の春ツアーは、参加したくても、普段の行動範囲内では、
なかなかタイミングが合わず、諦めていたのですが、
どうしても生で聴きたい曲がセットリストにあったので、
いろいろと模索しておりました。
そんな中、前の前の記事に書かせていただいた状況から、
仙台公演に一人で、参加させていただくことになった次第です。


ここから、少しネタバレに入りますので、ご注意ください。



また、余裕があればですが、
仙台遠征の番外編を記事にしようかとも考えております。


では  ↓↓↓
いらっしゃいませ。

※MCについては、詳しく憶えておりません。大体のイメージです。
また、自分自身の感想なのでご理解いただければと思います。
それでは、セットリストNo.に沿って、ライブの内容についてレポートします。


~オープニング~
前の記事に書きました通り、開演前からかなりの盛り上がり。
開演は約10分弱遅れて18:38頃。会場が真っ暗になり、
サポートメンバーのお2人が暗闇の中、定位置に就かれ、会場の大歓声と共に、
手拍子も大きくなった中、メンバー3人が登場!
坂崎さんはニコニコと会場を見渡しながら、
桜井さんはサングラスなのでよく分かりませんが、若干緊張気味(に見えた)な笑顔、
そして、高見沢さんは会場全体を煽るように(感謝の気持ちが伝わってきました)
何度も何度も両手拳を突き上げて、三者三様(これがいいんです!)定位置に。

No.1 (Zipangu)
   オフィシャルサイトで、この春ツアーに関してメンバーのメッセージの中にあった曲。
   また、スタッフのTシャツの背中に書かれていたロゴ「奮い立て!・・・」。
   両手を挙げての手拍子と歓声の波。曲タイトルで一斉に挙がった拳は、
   この度の震災から立ち直ろうとする強い気持ちと、感謝の気持ちが込められていた
   気がしました。

普段、大人しく会場観察に徹する自分も、この日ばかりは奮い立たせていたきました。
・・ので、全体として凄く記憶が残っているのですが、部分部分で記憶が途切れております。


No.1(Zipangu),2(冒険者たち -Beyond the Adventure)
坂崎さんのリードボーカルが続き、
No.3(NEVER FADE),4(Change the wind)と桜井さんのリードボーカル。
このNo.3,4は、自分にとって初の生聴き。

ちなみにこの日は、No.3,4,8,9,10,13,15,19,21,22と、24曲中10曲がお初でした。
1988年の夏イベから、今年で23年目。こんなにお初が多いとは・・。アルフィーの歴史の偉大さを感じます。

No.4(Change the wind)
   お目当て曲の中の1曲。歌の「~(曲のタイトル)~振り向かずに走れ」
   というメロディと「諦めない夢は必ず叶うさ」というフレーズが大好きです。

~MC 坂崎さん(短め)~
(ドラムのリズムに乗せ)
「さぁ~やってまいりました!仙台!!ZePP!!!いろんなことがありましたけども・・
(大歓声の会場を見渡して、ちょっと声を詰まらせていたような)
 今日は最後までお付き合いください!ZePP!!」

No.5(WEEKEND SHUFFLE -華やかな週末- (Progressive Rock Arrange))
   滑らかなイントロで始まるこのバージョンをラジオで聴いて好きになり、
   この曲の入ったシングルCDを買いました(まだCDの封を開けてない・・)。

No.6(恋人になりたい)も最初は坂崎さんのリードボーカルから始まる曲。
   会場は既にヒートアップ状態。


それを見越してか、爆笑クールダウンタイム。
~MC 3人~
坂崎さん「大変な中をようこそいらっしゃいました。大変な盛り上がりで!
     ここは一つ皆さん・・・」
    「(笑)あっ!一階はスタンディングでしたね」(笑)
    「じゃあそのままの状態で今日は最後まで?大変ですね~我々と一緒」(笑)
・・みたいな話から始まって、ライブハウス形態での思い出などを会場に話かけてて、
    思い出したように「立ちっぱなしで大変ですから、巻いていきましょう!」
ということで桜井さんを呼ぶ。

桜井さん(深々とお辞儀をして)「ようこそいらっしゃいました。
     皆さん今日は立ち仕事で・・」
    「どうですか?最後までもちますぅ?いや~大変ですよぉ~」
・・みたいな感じで、2人でしばらく仙台でのエピソードの話。

桜井さんが酔っ払ってどうした・・とか、何を食べたとか。
桜井さんは食事の時に不味そうに食べるとか・・

(長くなるので中略)

坂崎さん「この人は、最近はよく食べるんですよ。今日は何を食べたのでしょうか、
     盛大な拍手を持ってお迎えください!高見沢さーん!!」

高見沢さん登場(白い衣装を纏い、両手拳を挙げながらステージの端から端まで駆け足で観客にアピール!)

坂崎さん「最近、あなたよく食べますよねぇ。今日は何を食べたんですか?」
高見沢さん「えっと、あ、極上仙台牛サーロインステーキ!極上ですよ!
      俺にピッタリだろ?」
坂崎さん「他には?」
高見沢さん「それと、ご飯と味噌汁にぃ~パスタ!あと・・サラダ」
桜井さん「は?何その組み合わせ。おかしくないか?」
高見沢さん「(桜井さんに向かって)おまえねぇ、何でも食べ物にケチをつけるから、
     食べ物の神様に嫌われるんだぞ!」

(長くなるので中略)

そんないつものように楽しい話で会場を和ませてくれました。
(涙流しなら笑ってしまいました)

桜井さん「みんな立ちっぱなしで疲れてるんだからさぁ、そろそろ本職に戻ろうよ」(笑)
坂崎さん「じゃあ、そろそろ行きますか?」(会場:え~っ!)
坂崎さん「まぁ、そんな感じで日本全国を旅してきたわけですが、
     これからも我々はトラベリンバンドとして、皆さんと一緒に頑張ってまいりたいと
     思いますので、これからもどうぞよろしく!
     そんな思いを込めてこの曲をお贈りしたいと思います(次の曲のタイトル)」

No.7(Journeyman) 坂崎さんボーカルの曲(久しぶりに聴いて新鮮でした)

ふとここで、今回の春ツアーは坂崎さんメインボーカルの曲が多いことに気づきました。

No.8(哀しみの泉)
   ここで初めて高見沢さんメインボーカルの曲(以前の記事に載せたあの曲です)。
   坂崎さんのハーモニカの音色が会場全体を癒してくれました。心に沁みました。。

~MC 高見沢さん~
サポートメンバーの紹介の後、この春ツアーに対する熱い思いが語られました。
(深いので、ここでは書きません)
「今日は本当にここのステージに立てて良かった!本当にみんなありがとう!」
(客席から感謝の声。。拍手が鳴り止みませんでした)
「こうやってステージに立って、皆に愛を送っているわけですが、
 みんなからも愛を受け取りたいんだな・・『貰ったものは半返し』と言いますけど(笑)
 どうやって?手っ取り早いのは・・そう!3月にニューシングルが出ました!
 これをですね~1枚いや3枚買ってくれることが、一番みんなからの愛の恩返しになる
 んですねぇ(笑)お蔭さまでメリーアンからずっとこのシングルまでオリコントップ10入りを
 果たす事ができました!」(会場拍手!!)
「これからまた新しい曲を出した時は、是非みんなからの愛を受け取りたい!
 次に出した曲で『えっ、この子だけ?え~っ??』ってならないように・・
 これからも応援お願いします」(会場:笑いと拍手!)
「では、最新シングルのこの曲を・・」

No.9(Let It Go)演奏が始まって・・いきなり高見沢さん「ストップ!ストップ!」の声。
   「俺、出だし間違えた!坂崎のギターが先だよなぁ~ごめん」(会場:大拍手!)

高見沢さん、曲紹介からやり直し(笑)今度は無事に演奏♪

No.10(Wake Up ~Goodbye 20th century boy)
   これが大のお目当て曲でした(ベースのリズムラインが大好きなんです)。
   生で聴けて良かった♪

No.11(希望の鐘が鳴る朝に) サラリーマン金太郎の主題歌ですね。

No.12(祈り) 3人フルボーカルの願いの曲。
   震災があったからか、いつもより深く心に沁みました。
   高見沢さんのギターソロがカッコ良かった♪

No.13(GATE OF HEAVEN) この曲もお初。壮大なイントロの組曲。
   間奏でキーボードのただすけさんのホッとした笑顔が印象的でした。

No.14(SWEAT & TEARS)
   とにかく大盛り上がりの汗と涙の曲。自分もフルに拳を挙げていました。
   会場の一体感が感動的でした!

フゥ~っという感じで本編が終了。会場は早くもアンコールの掛け声と手拍子!


※長くなってしまったので、ここで私も一旦終了。以降は後編に。
(いつになるか分かりませんが・・)
読みづらく大変恐縮ですが、気が向きましたら、またお立ち寄りください。



人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログへ 音楽広場



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



関連記事
テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
りゅきさん、こんにちは
しっかり拝読させて戴きました。
やはり特別な一夜だったんですね……。
その場に居たかったです。(無理だけど)
アルフィーの3人にとっても特別の夜になった筈。
思い出の空間を共有出来て、良かったですね。
一体感が普通のホールとは違ったのではないでしょうか?

りゅきさんと私は初アルフィーが同じコンサートでしたが、お初の曲がそんなに多かったんですね。
凄い!さすがアルフィー!
レパートリーの広さを改めて実感致します。

仙台は特別メニューだったのでしょうか?
とにかく聴きたかった曲が無事に聴けて良かったです♪

後編も楽しみにしていますね。(^-^)
2011/06/16(Thu) 16:38 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
minakoさんへ
こんばんは☆

> しっかり拝読させて戴きました。

読みづらくてすみません。
もう少し文章を工夫しなくてはですね。
それでも、読んでいただいてありがとうございます♪

メンバーにとっても特別なライブだったと思います。
その気持ちを少しでも届けられれば・・・
他の方のライブレポもあるかもしれませんので、
探してみてくださいね♪

ライブハウスならではの一体感が癖になりそです。
また、やって欲しいなぁと思いました。

> りゅきさんと私は初アルフィーが同じコンサートでしたが、お初の曲がそんなに多かったんですね。
> 凄い!さすがアルフィー!
> レパートリーの広さを改めて実感致します。

ですよね~!楽曲が多いのでどんな場面にでも対応できますよね。
素晴らしいと思いました。まだまだ生で聴きたい曲もたくさんありますし^^

> 仙台は特別メニューだったのでしょうか?

セットリストを見ると、曲数は他の会場と同じでしたけど、
ラストの方は特別メニューだったですね。

> 後編も楽しみにしていますね。(^-^)

忘れないうちに書かなければと思っています(汗)
2011/06/16(Thu) 20:26 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可