2009年12月26日 (土) | Edit |
下の記事にもある通り、12月23日、24日は、
THE ALFEEの武道館公演2DAYSに行って参りました。
今年で2006年から4年連続で武道館公演に参加したことになります。
2005年までは何をしていたんでしょうね。。
1988年に上京してから2005年までは、たぶん6回ほどしか参加していません。
というか参加できなかった、もしくはチケットを取るのを諦めていたんだと思います。
その間はBSやCSで24日のイブコンの模様を観ていました。
でもやっぱり、ライブは生がいいですね!!

たくさんの方がライブレポを書かれているので、
僕はレポというより、この2日間の感想だけを書こうと思います。
あくまで自分の視点なので、みなさんと感じた事は違うかもしれません。

今年はとにかく、今まで武道館公演とは何か違う気持ちがありました。
「何か」が、何かは何となく分かるのですが、言葉で言い表せない「何か」です(何だ!?)。


12月23日
この日の席は1階西D列。例年ステージの両端には機材やセットの関係で、
見通しが悪いのですが、今年はその機材やセットがスッキリしていて、
ステージ全体がよく見えました。そして花道も近くメンバーが端に来た時は、
周りの大歓声に押されるように、自分も興奮したのですが、
何せこの日は片頭痛に悩まされ、この歓声がズーンと頭に響いて、
心身が全てノリきれませんでした。それでも大笑いさせてくれるTHE ALFEEです。
オープニングは後ろのセット(モニター?)上半分がステージ中央まで移動してきて、
その後ろからメンバーが登場するという凝った仕組み(仕掛け)。
12月3日に市川市文化会館でこれを見たときは目の錯覚かと思うほど、
何が起きたか分からなかったのですが、武道館で改めてその仕組みが分かりました。
春のツアーの登場の仕方も格好良かったのですが、秋のツアーも鳥肌ものでした。
(これまでのオープニング集みたいなのをDVDで出して欲しいと思いました)
会場の照明が消えてからの、あの雰囲気は何度でも味わいたいです。

一曲目のはじめに後ろのモニターに3人が映し出された時は、
夏イベの興奮が蘇りました。
少し懐かしさを感じながら、高見沢さんの掛け声に引っ張られる感じで、
会場全体がステージのメンバーと一体化していきます。
武道館名物、客席の向かいも客席(特に自分の席は)。
他の方が楽しんでいる姿を見るのが好きな自分にはもってこいの良席。
メンバーの目線もこういう感じなのでしょうね!こぶしの波、手拍子の波がとても綺麗。
坂崎さんもM.C.でよく言われてます。
ノリノリのナンバーがどんどん続き、ちょっと一息、坂崎さんの一言二言三言・・。
呼吸を忘れていた感じで、自分には大きな深呼吸タイム。
そして下の記事で書いたリハーサルのナンバー。
坂崎さんが桜井さんの方を抱いて一緒に歌っている時の、高見沢さんを見るのが好き。

数曲終わって、本格的な(?)坂崎さんのM.C.でお座りタイム。
会場全体が和みます。でも・・和んでない(和めない)人たちもいます。
ちょうどアリーナ席の通路が反対側まで見える席だったのですが、
その通路に、綺麗に一定の間隔でステージを背に体を丸くし体育座りをしている人影。
警備スタッフの方々です!!ステージで3人のお笑いM.C.をやっている中で、
一生懸命固まってます。皆さん笑いをこらえるのに必死。肩を震わせてました。
アルフィーの観客は前に躍り出たりしないから、前を向いて一緒に楽しもうよ!と、
思うのですが、そういうわけにもいかないのでしょうね。仕事ですから。あれはツライ。
あと気になったのは一階関係者席!曲の間もノルことをしてはいけないのか、
ずっと座ったまま、硬い表情でステージをみつめてる人が多かったです。
それでも、M.C.中は大笑いしたり、拍手したり・・内心ホッとしました。


※ここまで書いてて、2日分の感想文が終わるのか不安になってきました。
こんなダラダラ書きを誰が読むのでしょうね・・自分も読まないかも(汗)
ほとんど自己満足の世界・・というわけで、一旦これで(その1)を終わります。
続きを書く気力があるかどうか・・書かない場合、この記事は後日削除ということで。。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ 音楽広場  
puchipuchi_banner

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
テーマ:THE ALFEE
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可