2009年10月18日 (日) | Edit |
YouTubeより、2曲をご紹介します。

1曲目は「愛・おぼえていますか/飯島真理」


2曲目は「悲しみよこんにちは/高岡早紀」


この2曲は昨日お亡くなりなられた加藤和彦さんが作曲されたものです。
どちらの曲も聴いた時は、誰が歌っているのかも、誰が作曲されたのかも、
全く知らずに、素敵なメロディーだなぁと思ってました。

1曲目はアニメの主題歌で有名になりましたので、
歌っている人はすぐに判りましたが、作曲者を知ったのは実は昨日でした。
2曲目は会社の先輩の車でたまに流れていて、気になっていた曲でしたが、
先輩に尋ねても教えてもらえず、たまたま買ったオムニバスCDに入っていて、
やっと判明した曲です。その時は作曲者が加藤和彦さんということを知ったのですが、
当時その加藤和彦さんのことを知らず、とても気になる方でした。
やっと分かったのが、THE ALFEEの坂崎さんと一緒にテレビ番組に出られた時でした。
今まで数々の名曲をつくられていた方だとその時知り、自分の無知さに呆れてしまいました。(フォークルのメンバーだったのも知りませんでした)

昨日亡くなられたことを知ってから、フォークルの「悲しくてやりきれない」が
頭から離れないのですが、ほんとうにやりきれない気持ちでいっぱいです。
まして身近に接していらした方々の沈痛な気持ちははかりしれないと思います。

ニュースでいろんな方のコメントが寄せられ、拝見していますが、
昨日も書きましたが、今はただ加藤和彦さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
puchipuchi_banner


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
テーマ:YouTube Music Video
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
りゅきさん、こんにちは…
鬱病だったそうですね……。
身につまされます。
お母様の介護でお疲れになっていたと言う報道もありました……。
失われた生命はもう戻らない。
何かが加藤和彦さんをこの世に押し留めてくれればよかったのに。(T_T)

フォークルの存在を知ったのは幸ちゃんを通してでした。
加藤和彦さんの事も勿論そうでした。
アルフィーのファンでなければ、出逢う事も無かったかもしれない……。

ただただ、哀しいばかり。
和幸はもう聴けない……。
和幸は片翼になってしまった……。

失ってしまうには惜しい才能でした。
失ってしまうには早過ぎる人生でした……。

でも、誰も救えませんでした。
1人で逝ってしまいました。

これだけの人が哀しんでいるのに……。
鬱病になると、そう言った事は見えなくなるのです。

改めてご冥福をお祈り致します。
幸ちゃんにはこれからも彼の名曲を歌い継いで行って戴きたいと思います。
2009/10/18(Sun) 17:48 | URL  | minako #iarYaaiU[ 編集]
minakoさんへ
こんばんは

> 鬱病だったそうですね……。
> 身につまされます。
> お母様の介護でお疲れになっていたと言う報道もありました……。
> 失われた生命はもう戻らない。
> 何かが加藤和彦さんをこの世に押し留めてくれればよかったのに。(T_T)

いろんなことを考えると、とにかく残念でしかたないのですが、
加藤さんの死を無駄にしたくないですね。
子供手当ても良いですが、高齢化社会の福祉についてももっと議論して欲しいと思います。

> フォークルの存在を知ったのは幸ちゃんを通してでした。
> 加藤和彦さんの事も勿論そうでした。
> アルフィーのファンでなければ、出逢う事も無かったかもしれない……。
> ただただ、哀しいばかり。
> 和幸はもう聴けない……。
> 和幸は片翼になってしまった……。

同じ思いですよ。一つのきっかけから大きく広がるものですね。

> 失ってしまうには惜しい才能でした。
> 失ってしまうには早過ぎる人生でした……。
> でも、誰も救えませんでした。
> 1人で逝ってしまいました。
> これだけの人が哀しんでいるのに……。
> 鬱病になると、そう言った事は見えなくなるのです。
> 改めてご冥福をお祈り致します。
> 幸ちゃんにはこれからも彼の名曲を歌い継いで行って戴きたいと思います。

いつかは亡くなる人生ですが、自分で断ち切らずもっと頑張って欲しかったですね。
坂崎さんをはじめ、いろんなアーティストにも頑張ってもらいたいですね。
2009/10/18(Sun) 21:27 | URL  | りゅき #-[ 編集]
訃報は身につまされる現実です これから先 生きていく路に光が見えなくなってしまったのでしょう 残された人達の悲しみを思うと自ら選んでしまった路は悲しい路なのかも知れませんね けれど私は加藤和彦さんが 自ら路を選ぶ勇気があった事は少し羨ましい気もします 惰性で生きる事が幸せなのか私は悩みます 光を閉ざされた路でも歩く事が人としての義務だと言われてしまえば何も反論は出来ませんが…
2009/10/19(Mon) 00:18 | URL  | [i:63974] #-[ 編集]
[i:63974]さんへ
コメントありがとうございます。

生老病死というのは、誰もが持つ悩みです。
生きたくても生きられない人もたくさんいらっしゃいます。
生まれながらに体にハンデを持たれている方もいらっしゃいます。
周りからは幸せそうに見えても、そうでなくいろんな悩みを抱えられてます。
自分だけが苦しいというのではないと思います。
誰がということに関係なく、生きる勇気を持ってほしいと僕は思います。
自分の人生でもいつか行き詰ることがあると思いますけど、
さりげなく支えてくれる人が必ずあらわれると信じています。
そのためには自分も微力ですけどどんな相手に対してでも、
強い心で接していきたいと思っています。
2009/10/19(Mon) 01:03 | URL  | りゅき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可