2010年06月26日 (土) | Edit |
サイン色紙は一枚だけ持っています。

THE ALFEE 桜井さんの直筆サイン色紙です。

頂いたのは1年半前のこと。
家内が職場で知り合った方の紹介で、
桜井さんのご親族の方とご縁することができ、
昼食の際に、僕がアルフィーの大ファンであること、
最後の夏イベにも参加することを伝えると、その方も大変喜んでくださり、
桜井さん本人が実家に戻った時にサインを書かせるから!
と快く約束してくださいました。

なかなかタイミングが合わなかったということですが、
3ヶ月ほど経ったある日、突然色紙を持ってきてくださいました。
しかも!私の名前まで入っていて、感動と言う言葉では言い表せない程、
嬉しくて飛び上がって喜んでしまいました。

そのご親族曰く、桜井さんが実家の酒屋さんに帰った際は、
お店の商品に直筆のサインを書かれるそうですが、
一通りサインを書き終わった後は、
ご親族の方とお酒を飲んで酔っ払ってしまうので、
酔っ払う前に、「ほら、ちょっと書いて!」と、
私の名前を書いた紙と色紙を差し出したそうです。

他にも、桜井さんのお父様の法要があった際、
高見沢さんと桜井さんも参列されて、大変賑やかな法要になった等々、
エピソードをいろいろお話してくれたそうです。

色紙の日付は、2009.2.28 と書いてあります。
この色紙は自分の宝物でもあり、我が家の家宝となっております♪

テーマ:FC2トラックバックテーマ
ジャンル:ブログ
2010年06月24日 (木) | Edit |
火曜日から茨城に出張に行っていました。
(また金曜日、来週も茨城へ行くのですが・・)

火曜日、水曜日とも外での作業だったのですが、
火曜日は一日、何とか雨も降らず、とても暑かったのですが、
水曜日は朝から激しい雨でビショビショで夕方頃から晴れてきて、
もう、服の中はサウナ状態みたいになってしまい、ふやけて溶けそうでした。
だいぶ日焼けもして、首筋がヒリヒリしています。
夜、遅くに帰ってきたのですが、ちょっとYouTubeを観ると、
懐かしい(?)動画がUPされていたので、何度か繰り返し観てしまいました。


座・ロンリーハーツ親父バンド~君といつまでも / 加山雄三とザ・ヤンチャーズ
6月4日の加山雄三さんの日本武道館公演(アリーナツアー)の模様で、これはアンコールの場面です。
一旦、ゲストの皆さんがステージから去って、「もう出てこないのかな?」って思ってたら、再び勢ぞろいして、2度目の「座・ロンリーハーツ親父バンド」を演奏し、会場全体で盛り上がった後、3度目の「君といつまでも」を会場全体で大合唱、加山さんに熱いものが込み上げてきた様子が映し出されています。自分も当日のことを思い出し、その時の感動が蘇りました。

この映像をみて、もう何ヶ月も前のことのように思えていたのですが、まだ今月初めの事だったんだと再認識したことと、この会場の中に自分達夫婦と自分の両親が存在していたことが、とても感慨深いです。また両親とコンサートに連れて行ってあげたいと、新たな目標をたてたいと思います。


余談ですが、観客の中に、よく知っている方が映っていました。
いろんな有名人の方も参加されていたんですね^^


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ 音楽広場

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
2010年06月20日 (日) | Edit |
6月9日のTHE ALFEE大宮公演のライブレポを書こうと思ってはいたのですが、
ダラダラと日にちが経ってしまい、今更・・という感じなので断念します。
メモもとっていないので、ほとんど忘れてしまっているのが事実であります。
でも、ちょっとだけ印象に残っている場面をいくつか書きます。

席は2階の5列、一番端。桜井さん側でした。
(この席は、2階席の中でも前にせり出しているので、とても見やすい席でした)

相変わらずの自分の趣味である、客席の中から何人かのターゲットを決めました。
その中の2人のお子さん(たぶん3歳~5歳くらいの兄弟)に注目しておりました。
オープニングの手拍子から、元気に両手を挙げてリズムをとっている姿が何とも可愛い♪
2曲目で、拳をあげるタイミングまでバッチリ!!あの若さ(笑)にしてリズム感の良さ!
新しいアルバムの曲も予習してたらしく、兄弟2人して将来が楽しみです。
また、ちょっと年配(歳はたぶん60は越えてらっしゃると思います)のご夫婦も目にとまりました。こちらもご夫婦でノリノリ!(自分よりもちゃんと腕が上がってます)。老若男女問わず、アルフィーのコンサートを楽しみにしてる人がいると思うと、何故か自分が嬉しくなって、ちょっとウルウルとしてしまうのです。

あ、ちゃんとステージも観ていましたよ!!
コンサート中盤のコントの為か、桜井さんはスタミナを蓄えているかのように、
抜群の安定感で、ステージをこなしていきます。その姿がカッコイイ!
坂崎さんは、会場全体に気を遣っているように、客席全てに愛嬌を振りまいてくれます。
ホールコンサートでは必ず、坂崎さんと目が合うような感じがします。
高見沢さん・・眩しくて(?)見ようとすると、視線を跳ね返されてしまう感じ。
でもしっかりと、会場の想いを一身に受け止め、それをまた返してくれているように思います。

MCではいつものように、坂崎さんの「アルフィー初めての人」から始まって、
「どこから来られましたか?与野?」とか、「行田!あはは。じゃあ秩父!」と尋ねて、「はい!」秩父からの参加者も数名いらして、会場から「おぉ~」という歓声と拍手。
嬉しいですね~♪

高見沢さんのMCでは最新アルバムのセールスタイムでしたが・・
大事なところで言い間違え。
「聴かなくてもいいから、(CDを)買ってください」というところを、
「買わなくてもいいから、買ってください」(あれ・・??会場爆笑。後で言い直しました)

コンサートも順調に進み、セットリスト14~15の流れが、このツアーの中で自分にとっては、一番のお気に入りで、静から動への気持ちの切り替えがとても気持ち良かったです。

出し物(コント)ではいつもの通りの展開で、3人の掛け合いに大笑いし、大拍手!
アルフィーならではでしょうね~。歌もいいけど、出し物が面白い!
そして、印象的だったのが、キーボードのただすけさん。
(高見沢さん曰く)ハイテク技術のルーレットを回して、カードを取ったときの効果音に、
高見沢さんが「もうその音、飽きたから他のにしようよ」とただすけさんに注文。
高見沢さん「じゃあ、もう一回な」・・・焦りまくっている、ただすけさん・・・
高見沢さん「はい!」・・・♪パンパカパ~ン♪(音色を変えて)・・・
高見沢さん、ただすけさんに「お前、音を変えただけじゃねーか!もっと気を遣えよ!」
桜井さん、坂崎さんとドラムの吉田太郎さんがお腹を抱えて大爆笑。
ただすけさんは、キーボードのスイッチやらを押したりして、まだオロオロ・・・
高見沢さん「もういい!・・今日は6月9日ロックの日なので、この曲、Satisfaction」と、曲紹介している間、ただすけさんは落ち込んでいるのか拗ねているのか、しばらく後ろを向いていました。
そのただすけさんの姿がとても可愛くて、会場からは大拍手でした。

最後のアンコール後、風にまつわる曲を2曲披露して、楽しいコンサートは終演。
それと同時に自分の春ツアーは終了。また秋ツアーへと想いは向かっていきます。

この春ツアーでは、一度もツアートラックを目にする事ができなかったのが残念なことですが、他の方のライブレポで写真を見る事ができ、それはそれで良かったのですが、今回のツアトラはカッコイイ!やっぱり、自分の目で見たかったですね~。


※断念といいながら、ダラダラと書いてしまいました。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ 音楽広場

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
2010年06月13日 (日) | Edit |
もう一週間経ってしまいました。
両親が遊びに来た日から・・日が経つのが早い(・・というか、ブログをサボりすぎ?)

6月5日(土)のことを、ちょっとだけ(のつもり)。

前日の加山雄三さんのコンサートから一夜明け、
当日は両親と3人で秩父観光に行って参りました。

っと、その前にウチに寄って、義父母に挨拶。
義父は顔を見るなり、泣きじゃくり大変なことになってしまいました。
自分はもう慣れているので、どうとも思わなかったのですが、
両親はちょっとびっくりしたようで、対応に困っていました。
そして、義母もいつものもらい泣き・・・かなり疲れが溜まっていたのでしょうね。

30分ほどして、家内を職場に送っていって、そのまま秩父へ向かいました。
車の中では、前日購入した、加山さんの最新アルバムを流していました。
母はCDを聴きながら、「昨日はいい思い出になったねぇ」を繰り返していました。

1時間ほどして、秩父に到着。
普段でしたら45分ほどで着く距離なのですが、母が利尿剤を飲んでいることから、
細かく休憩をとりながらでしたので、慌てずゆっくりと向かいました。

まずは、自分の職場を周りをグルっと回って、簡単に説明。
気温は暑かったですけど、風があって緑も爽やかでした。
秩父のシンボル「武甲山」もよく見えました。
この時期となっては、もう芝桜の名所の羊山公園へ。
広大な敷地に、ちらほらと花が残っていましたが、あのGW中のような面影はありません。
その時の写真が掲示されてあったので、それを見ながら両親は「ほぉ~」と説明を読んでいました。

時間もお昼近くになり、秩父市内にあるお気に入りのお蕎麦屋さんへ。
たまに仕事中に買い物などをして、立ち寄るお店なのでプチ常連です。
普段は作業着で入るので、私服の自分には最初気づかなかった様子で、
お会計の際、「あれ?」と目を見開いて「あら~気づかなかったですよぉ、言ってくだされば・・」
なんてちょっと会話をして、両親にも挨拶をしてくださり、イメージアップ♪
(ここのお店のお蕎麦は、アルフィーの高見沢さんが大変気に入られたお蕎麦屋さんです・・最近知りました)

週末ということもあり、秩父鉄道ではSLが走っています。
ちょうど食事中にSLは近辺を通過してしまったので、それを追いかけて三峰口まで足を伸ばしました。
三峰口駅に到着したころには、たくさん人がSLを撮影していて、父も負けじとカメラを取り出し撮影。
SL1
(父はうまく撮れたのでしょうか?)
発車時間が近かったので、ちょっと先回りして線路脇に車を停め、走るSLの撮影準備。
完璧!!に撮ったつもりでしたが、シャッターを押してから少しタイムラグがあることを、すっかり忘れていて・・
↓↓ このザマです(悲)
SL2

悲しいので、景色の写真でもどうぞ~ ↓
大滝1

SLの写真を撮った後は、一応最終目的地の大滝温泉へ。
父と自分は温泉に入りましたが、母はゆっくりと休憩していました。
まだ手術後の不安が残っているようです。
大滝2

もう一ヶ所連れて行こうとした長瀞の石畳でしたが、時間を思ったより要した事で残念ながら断念しました。

大滝温泉をあとにし、帰路についたのですが、車の中ではラジオ(FM NACK5)で、2月20日に市川文化会館で行われた「Dear BEATLES 2010」の模様を、
坂崎さんがパーソナリティを勤めているのを聴きながら帰る事もできました。
そして・・・ちょうど桜井さんの実家を通過した時に、少しアルフィーのことを説明していたら、父から思いがけない一言が飛び出しました!

「一番右の高見沢って、いい曲つくるよなぁ」とポツリ・・・
一瞬耳を疑って「はい??」って感じでしたが、とても嬉しくて気分良く車を走らせる事が出来ました♪

が・・・

途中299号線で、車の衝突事故があり1時間ほど前に進めなく、車の中で途方に暮れる始末・・・これは一番疲れました。
この道路はとにかく事故が多いいです。皆様、安全運転で・・よろしくお願いします。
(6月7日も正丸トンネル内で事故が発生し、朝から夕方まで通行止めになりました)

ウチにとりあえず到着したのが18時半で、それから義父はお留守番してもらい、
5人で近くの食事処で夕食会。義父が留守番ということもあり、ゆっくりお話できませんでしたが、
なかなかこういう機会はないので、貴重な時間を過ごせました。

両親を近くのホテルまで送り、我が家へ帰宅。
いろいろあって長い一日でしたが、とても充実した6月5日を過ごす事ができました。


※簡単に・・・のつもりでしたが、案の定長くなってしまいました。。すみません。
こんなダラダラした文を誰が読むのでしょうか・・いないとは思いますが、もし読まれた方がいらっしゃいましたら、
大変お疲れ様でした。ありがとうございます♪

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
2010年06月10日 (木) | Edit |
1部の続きです。


2部は、最新アルバムの曲がメインです。
3曲のカバー曲を披露した後、ヤンチャーズのメンバーが次々に登場です。
1組目は、我らがTHE ALFEE!
3人がステージに登場すると、客席からは「タカミー!」「こーちゃーん」やら「まさるさまー」の声が飛び交いました♪
アルフィーのファンも大勢参加されていて、自分の隣のカップルもアルフィーファンでした^^
加山さんから紹介があり、先日5月30日のNHKホール公演に参加されいて、
客席みんなの拳や手拍子が揃ってて、会場の雰囲気に圧倒されたという話。
高見沢さんからエンジェルギターを貰った話。
高見沢さんがギターを弾く姿を見て、加山さんはギターを弾くのをやめようかと思った・・という話。
以前、THE ALFEEの日本武道館公演に、桜井さんにだけ極秘に(桜井さんだけを外して、ちゃんとリハーサルもやっていたそうです)ゲストで参加した話などされていました。
↑ この映像が ↓の4:20くらいに(^^)


演奏曲は「夜空の星」でした。
さすがにアルコンより音はかなり控えめでした^^;

2組目は、森山良子さん!
なんで、森山さんが女性なのにオヤジバンドの一員となってしまったのか・・と言う話など。
演奏曲は「旅人たち」
森山さんの澄んだ歌声と加山さんの声が、幻想的にさえ思えるほど、会場全体に沁みわたりました☆

3組目は、谷村新司さん!
谷村さんは加山さんに多くの楽曲を提供されていて、二人の思い出といえば・・
「ここ!」日本武道館で行われる「24時間テレビ」の話で盛り上がりました。
演奏曲は「サライ」
この曲は、コンサートが始まる前に、母が「今日この曲を歌ってくれる?」みたいなことを言われ、自分ではどうすることも出来ないのですが、お二人が歌ってくれて良かったです。

4組目は、南こうせつさん!
登場するなり、「サライ」の余韻に「これでコンサートが終了するのかと思いました(笑)」と会場を和ませました。
加山さんからは、「朝は大分で畑仕事をしていた人」と紹介され、畑仕事の話で大盛り上がり。2人の会話がなかなか終わらなくて、スタッフが少し焦っていたようです(笑)面白かったぁ~
演奏曲は「白い砂の少女」
オリジナルはその時、知らなかったのですが陽気なアレンジをされていて、客席からも感嘆の声が上がりました。

最後、5組目は、さだまさしさん!
和やかな雰囲気の中、「スタッフから、MCは短めに・・と言われてるんです」
(会場大爆笑)
南さんのコーナーでだいぶ押したのでしょうか^^
でも、さださんは加山さんの思い出などをいろいろ語り、加山さんとコントをしているような雰囲気でした。
演奏曲は「君といつまでも」
さださんのヴァイオリンの音色がとても綺麗で、原曲よりもしっとりとした感じのアレンジでした。

そして、ゲスト全員が登場し、
加山雄三ザ・ヤンチャーズによる「座・ロンリーハーツ親父バンド」
会場の雰囲気ががらりと一変し、手拍子が会場を埋め尽くし、賑やかな雰囲気。
出演者全員がとても楽しそうに演奏されていました♪いい曲です!!

ゲストがステージをあとにし、加山さんが本当に嬉しそうにお礼を言われていました。

※その後の記憶がちょっと曖昧なのですが・・・(その前も、もしかしたら違うところがあったかもしれません)。

会場はアンコールの大合唱!

加山さんがステージに戻り、そしてザ・ヤンチャーズも!
どなたかが、「もう一回やりましょう!」という声に大拍手♪
加山さんが「さっきやったじゃない!」というと、さださんが「もうみんなやったことを忘れてますよ」(会場爆笑)。
「座・ロンリーハーツ親父バンド」をそして今度は後ろのスクリーンに歌詞も出て、会場のみんなで合唱しました♪
次に、「君といつまでも」(この日、3回目)。これも会場全員で大合唱で、加山さんも感極まっておられるようでした。
会場大拍手の中、ザ・ヤンチャーズがステージを去り、加山さん一人残り、声を詰まらせながらお礼の言葉と、これからの支援を募るご挨拶があり、あたたかい雰囲気の中、新曲を歌われてステージをあとにされました。

6月4日「若大将50年!アリーナコンサート」日本武道館公演終演後、会場をあとにする皆さんも「いいコンサートだった」とあちらこちらから聞こえ、自分もちょっとウルッときてしまいました。

加山雄三さん、73歳。とてもそんなふうには思えない若々しさと歌声。
これからもますますお元気で、歌、絵に頑張ってください。素敵な誕生日となりました。ありがとうございました。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ 音楽広場

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
2010年06月09日 (水) | Edit |
6月4日の加山雄三さんのコンサートレポの途中ですが・・・

今日、6月9日はTHE ALFEEの大宮ソニックシティー公演に参加します。
以前、大宮に職場があったので、大宮にはよく出歩いていたのですが、
もう10年ぶりくらいに大宮に行きます。
さすがに、会場へ迷う事はないですが、少し早めに家を出発します。

大宮に職場があった時は一度だけ、大宮公演に参加したことあるのですが、
その時は仕事が終わってからでも余裕で間に合ったのですが、
秩父からでは間に合うはずもなく、今日は休暇をとっての参加であります。

13時に自宅へ義父の訪問看護があるので、その時間までには出たい・・・
これから支度をして出発です。今回は車で大宮まで行ってきまーす♪

先週末の記事も溜まっているので、大宮のライブの話は遅れるかもしれませんが、
できることなら、簡単なライブレポを書こうかと思っていますが・・
書かないかもしれません。

ではでは・・・

面白いので、載せておきます ↓

「STS / THE ALFEE」
テーマ:THE ALFEE
ジャンル:音楽
2010年06月09日 (水) | Edit |
続きです。

開場時間になり、いざ館内へ。
席は西の上から4列目くらいのところでした。
結構、急な登りなので、母もこれにはちょっと疲れた様子でした。

THE ALFEEのコンサートと違い、ご年配の方が大半を占めていらっしゃいました。
自分みたいに、親を連れて来た方々も多く見られ、会場全体がほのぼのした雰囲気。

開演のチャイムが鳴り、会場は緊張感に包まれます。
(この雰囲気が大好きです)
会場の照明が消え、加山さんがステージ中央へ。
ステージにスポットライトがあたり、加山さんを照らします。
客席からは「若大将~!」の声があちらこちらから聞こえ、
加山さんも手を振って、会場全体に挨拶されて、声援に応えていました。

今回のコンサートは2部構成ということで、1部ではこれまでの映画の主題歌などのヒット曲を、ドドドド・・・という感じで披露されました。ステージ後ろのスクリーンには、映画のワンシーンなどが映し出され、シーンが変わるたびに、客席からは「お~~」という声が漏れていました。
父も懐かしそうにその映像を観ながら、加山さんの歌を聞き入っている様子。
その姿に、ちょっと安心しました♪

途中、何度かMCが入って、楽しい加山さんのトークショー。
加山さんの奥様の話題になり、照明がアリーナ中央にあたり、加山さんの奥様を照らしました。
大きな拍手の中、加山さんはちょっと焦り気味で、スタッフに「あてないでくれよ~後が怖いんだから・・」みたいなことを言って会場大爆笑とともに、また大きな拍手。

1部の終盤に、海の話になり、「海といえば・・この曲」と、ピアノの席に歩み寄り、この歌を披露してくださいました。

海 その愛 / 加山雄三

全ての曲、良かったのですが、この曲がコンサートの中で一番印象に残りました。
壮大な曲とともに、加山画伯の絵がスクリーンに次々に映し出され、その素晴らしい海の絵にも感動しました。
自分は絵にあまり感動しない方なのですが、本当に感動してしまいました。

一部の最後に加山さん本人が、最新CDの売り込みアピール。
(終演後に、両親用と自分用に2枚購入しましたよ~加山さん^^)
そんなこともあってか、オリコン2位にランキングされていました♪


※まだ続きます。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ 音楽広場

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
2010年06月08日 (火) | Edit |
前々日に両親から、東京14時13分着の新幹線に乗ると言う連絡が入り、
時間に余裕をみて家を出る時間などを決めていたのですが、
余裕をもちすぎて、家を出てからちょっと焦る羽目に・・・。
最初の計画では、日本武道館の駐車場に車を停めてから、
地下鉄で東京駅まで迎えに行く予定でしたが、
急遽、予定を変更して東京駅まで車で行きました。

その東京駅の地下駐車場の広いこと・・・(汗)
そして地下街も・・・新幹線の改札へ行くのに一苦労。
でも到着時間の20分前には、改札へ無事に到着したのですが、
親が車両まで指定してきたので(笑)、うん十年ぶりに「入場券」というもを購入して、
家内と2人で新幹線ホームへ。
新幹線が到着して、元気な姿を見せてくれた両親にホッとしました。
長時間の乗車に母の体調を気にしていたのですが、全然大丈夫でした。

4人で車のある駐車場へ向かったのですが・・・やっぱり地下街で迷いました。
掲示されている地図を見たり、インフォーメーションセンターで訊いたりして、
なんとか車にたどり着いたわけですが、その間に父はドリームジャンボ宝くじを購入(笑)。

その後、無事に日本武道館に到着して、
記念撮影をして軽く食事をとるために近くのファミレスへ。
若大将

食事をしても、まだ2時間ほど余裕があったので、
地下鉄に乗りスカイツリーを見に行きました。
スカイツリー

朝から長時間、新幹線に乗っているにもかかわらず、
両親は疲れた素振りも見せず元気いっぱい!
自分の方が先にバテていた感じです。情けないですねぇ~。
再び日本武道館に戻ったのですが、それでも時間に余裕があったので、
車の中で待機・・お菓子を食べたり、水分を補給したりして、コンサートに備えました。


※長くなりそうなので、続きはまた・・・(すみません。。)

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ